2016年8月24日水曜日

『只今がその時』(葉隠武士道) 天命により与えられた天機を見失ってはいけない。

『只今がその時』(葉隠武士道) 
 葉隠武士道では、その時が来たら闘える!出来る!などはあり得ない。
 武士たる者「その時が今!只今がその時」と言っている。
天命により与えられた天機を失っしてはいけません。



葵高丘武道教室 12月にある2016武徳杯優勝大会(団体戦)にむけ上段突きの稽古!

「2016世界拳法選手権大会 拳法会の試合会場にあがるだけで大変なプレッシャーがあります。
 それだけで大きな経験を得たと思います。
毎日の稽古が、100点と99点では、1点しか差が無いので分かりませんが1年経つと365点の差が出来ます。みなさん、100点満点の修業をしましょう。」と倉田先生から話があった。

 また、反省会があり朔矢選手から「私は、優勝できましたが技量の上では、悠人選手より劣っていました。それ故に打ち合いからの上段回し蹴りに最後のチャンスをかけ稽古しました。また、武道の訓えに従い。一喜一憂せず!勝って反省、負けて感謝の気持ちだけは、忘れず戦いました。従ってガッツポーズや涙を流すようなことは、恥ずかしいと思い闘い抜きました」と話した。
  毎週火曜日 浜松市北部協働センター 19:00-21:00 053-439-0909(NPO法人CC内)
     水曜日 三方原神社内集会場    19:00-21:00
 


2016年8月18日木曜日

伊左地地区の浜松伊佐見武道教室拳法会 世界拳法選手権も終わり時期目標に向かい頑張ります。 空手や武道に興味を持ったら拳法会

浜松伊佐見武道教室拳法会 世界拳法選手権大会も終わり、次の目標は、11月の昇段昇級審査と12月の2016拳法優勝大会団体戦!
 来年3月は、2017南アジア選手権と国際大会、8月には、全国選抜、12月には、豪・NZ遠征とまたまた、忙しい!
   毎週木曜日19:00-21:00 浜松伊佐見協働センター(ホール)
 連絡053-439-0909(NPO法人cc内)
              基本形
            乱取り
             制定居合道

 護身術


世界拳法選手権が終り!2016拳法優勝大会(団体戦) 昇段審査に向け稽古が始まりました。 浜松三方原武道教室拳法会

浜松三方原武道教室拳法会では、世界拳法選手権大会が終り!
 2016拳法優勝大会(団体戦 12月10日) 昇段審査(11月13日)に向け稽古が始まりました。 
       2016世界拳法選手権大会(8/7)ニュース
この日も形、基本動作、乱取の稽古をしました。
  毎週水曜日 19002100 三方原神社内集会場 
連絡先053-439-0909NPO法人cc内)  お気軽にご連絡ください!


南アジアネパール拳法会本部人事変更


2016年8月16日火曜日

私が見た拳法会の特性(居合道七段 濱田敏哉)

私が見た拳法会の特性(居合道七段 濱田敏哉)
 先日の世界選手権に幸運にも招待を頂きました。拳法会そのものには門外漢ですが、大橋先生が日頃唱えておられる「武士道」に関連して次の3点特に大きな感銘を受けました。         
1、未だ幼子とも言うべき幼児達が激しい闘志を持って戦う姿は、 他の武道でもあまり見ません。正しい闘争心は幼児の時期に養うべきだと思いました。負けて悔し涙を流していた(痛さに耐えていたのかも)6歳の子がいました。
2、戦い終わった後、勝者と敗者が挨拶を交わすのは、日本古来の武道においては通例ですが、主審の後方で両者が互いに正座の礼をし肩を抱き合って礼を尽くす拳法会の礼式は他にあまり例を見ません。「武道は礼に始まり礼に終わる」の典型です。
3、決然と判定し無駄のない試合進行を行う素晴らしい主審先生がが数人いました。瞬時の判定を必要とする武道における主審はかくあるべきです。